水栓金具メンテナンス

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法

ご家庭で簡単にできるメンテナンス

  • 止水:レバーを下げているのに湯水が止まらない。
  • ハンドルが重く操作しづらい。
必要工具
+ドライバー、-ドライバー、プライヤー
  • 事前に止水栓等にて「水」「湯」を完全に止めてから作業してください。
  • けがをしないよう注意して作業してください。
  • カートリッジ抜き出しアダプターは、HPカートリッジ、及びアフターケアパックに同胞されています。

STEP.1

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.1

ハンドルキャップをはずしてください。(強く上に引っ張るとはずれます。)

STEP.2

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.2

黒い樹脂のハンドルボディ下部を持ち、+ドライバーでハンドルビスを緩め、取りはずします。

STEP.3

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.3

ハンドルボディとレバーを取り外し、プライヤーなどでピポットナットをはずします。

STEP.4

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.4

カートリッジを固定している、リティナークリップ(U字型のピン)を抜いてください。

STEP.5

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.5

白いカートリッジを抜き出し、アダプターの凹凸を、HPカートリッジの凹凸に合わせてのせます。

STEP.6

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.6

アダプター上部に工具をかけ、左右にゆっくりと動かし、カートリッジの固着をはずします。(左右30度ずつ何度か動かしてから、元の位置に戻します。)

STEP.7

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.7

上の写真のようにカートリッジのステム(真ちゅう製の芯棒)上部を工具ではさみ、ゆっくり引き抜きます。

STEP.8

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.8

カートリッジの凸部(出っ張り部)位置と、本体の凹部を合わせて矢印の方向にカートリッジを本体に押し込みます。

STEP.9

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.9

リティナークリップをカートリッジ凸部と本体凹部の隙間から差し込みます。

STEP.10

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.10

ピポットナットを取り付けます。上図のように、ストッパーピンが手前側にくるようにして取り付けてください。(逆に取り付けると、レバーが左右にほとんど動きません。)

STEP.11

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.11

レバーをなるべく上に引き上げた状態で、レバーのストレート部をピポットナットの溝にはめ込みながら、全体を被せます。

STEP.12

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.12

ハンドルビスを取り付けます。(この時レバー先端部で1cm以上のアソビがある場合や、レバーが360度回ってしまう時は11の手順からやり直します。)

STEP.13

キッチン用HPカートリッジメンテナンス方法 STEP.13

ハンドルキャップを上からはめ込みます。(レバーの動きに異常が無いか確認してください。)止水栓等をあけ、水漏れが無いか確認してください。

ゴムパッキン類のみの交換をおこなう場合

ゴムパッキン類のみの交換をおこなう場合

新しいパッキンに『水栓用のシリコングリス』を薄く塗布し、パッキン交換をします。
(シリコングス以外は使用不可)

水漏れが改善しない場合

  • レバーが適切に装着されているにもかかわらずハンドルレバー部のガタつきがある場合、ピボットナットとレバーの勘合部が摩耗している可能性があります。この場合、部品の交換が必要です。
  • レバーのガタつきがないのに改善されない場合、HPカートリッジが正常に装着されていない可能性があります。行程(7)からやり直してください。